倉庫やスタジオなどレンタルすることで得られるメリット

コンテンツ

収納には貸し倉庫

家の中を片付けたいと考えるとき、便利なものが貸し倉庫です。貸し倉庫には様々な広さのものがあり、どういったことに使うかによって最適な広さのものを選べます。貸し倉庫では、様々な設備があるので、レンタルする際は確認しましょう。

詳細を読む

物置きに最適

トランクルームは、物置にとても便利で、家に物が多くあり、片付けができないなど、そんなときに役立ちます。トランクルームは、業者によって様々なサービスを行っていることから、自分の用途をよく考えることが大切です。

詳細を読む

貸し会議室が人気

会社の備品整理にぜひご活用を。貸倉庫を東京でお探しの方はこちらを利用すると良いでしょう。首都圏での物件情報を掲載していますよ。

そもそも貸し会議室はなかった

会議室を貸し出すことによって、時間貸し使用料を取るというビジネスが生まれたのは、20数年前からではないでしょうか。 バブル経済が崩壊し、企業がリストラを推進する中で空いている会議室を時間貸しすることはできないかとスタートをしたのが最初だといわれています。バブル時代は、多くの企業が「不動産の価格は上がり続けるものである」と信じ、自社ビルを建てていました。このときに、会議室も多く作ってしまっていたのです。 企業によっては、リストラを推進する中で社員を減らさざるを得ないところも数多く存在し、事務所スペースが余ってしまったのです。 人を増やすことはできないし、かつ会議室を含む事務スペースを取壊すこともできなかったのです。

増え続ける貸会議室のニーズ

各企業はバブル時代の反省から、必要最小限の規模の事務所を「賃貸する」方向にシフトしていきました。 ところが、景気回復に伴って今度は「会議室が足りない」事態に陥ってしまったのです。だからといって、過去の経験から安易な増床はしたくない企業のニーズと、会議室を余らせている企業のニーズが合致して、貸し会議室ビジネスは誕生しました。特に東京都の中心部でのビジネスエリアでは、貸し会議室専門の会社すら登場してきています。 今現在は、アベノミクスによる景気対策により、企業業績は順調に増加傾向にあります。貸し会議室もこれにともなって利用が増えている状況です。ただし、貸し会議室ビジネスは「場所が命」ですから、少しでも郊外で運営しようとすると失敗するケースが多いようです。都心のみで通用するビジネス形態といえるのではないでしょうか。

保管に制限あり

トランクルームは保管に便利ですが、保管できるものとそうでないものが決められています。現金や通帳、ガス、マッチなどはトランクルームへの保管が危険なため、制限されていることが多いといわれています。

詳細を読む

オススメリンク

  • キュラーズ

    自宅に入りきらない荷物はキュラーズで保管しちゃいましょう。月々のお支払いがお手頃価格なのでおすすめですよ

↑ PAGE TOP